エンドポイントセキュリティを強化する
MEDACA 安心Protection

詳しい資料を今すぐダウンロードする

安心なテレワーク環境を、月額1,000円/IDから実現

ニューノーマル時代の働き方に合った最適なセキュリティ対策は万全ですか?


サイバー攻撃の標的が大企業だけの問題として認識されていたのはひと昔前のこと、また、テレワーク等の多様な働き方が広がる中で、事務所をセキュリティ強化するだけではサイバー攻撃からの脅威を防ぐには十分とは言えません。

「MEDACA 安心Protection」は、エンドポイントセキュリティを強化し、サイバー攻撃の脅威を防ぐことで、ニューノーマル時代の多様な働き方をサポートします。
Windows Defenderと連携することで既知脅威防御、未知脅威防御、統合管理の多層防御を実現します。



エンドポイントセキュリティとは?

エンドポイントセキュリティとは、社内サーバやデスクトップPCに限らず、ノートPCやタブレット、スマートフォン等のエンドユーザのデバイスに対するセキュリティのことです。

なぜエンドポイントセキュリティが必要なのか?

これまでの、事務所内利用を前提としたネットワーク・ゲートウェイセキュリティだけではなく、自宅やシェアオフィスなどの様々な環境で業務が行えるデジタルワークプレイスが進んできています。

DXの推進と合わせて、企業にとってデータはとても重要な資産であり、データの損失による業務停止や顧客との取引停止、データ流出による社会的信用低下や賠償請求等、企業の崩壊を招くほどの経営リスクとなっています。 一方で、働く場所の多様化とデバイスの種類の増加へのセキュリティ対策は複雑且つ困難となっています。

こうした中で、エンドポイントセキュリティを強化することにより、USBメモリデバイス等を介したマルウェアの感染対策、感染したデバイスをネットワークにつなげることによる二次感染の防止、ゲートウェイセキュリティの不十分な環境でのセキュリティ強化等、今エンドポイントによるセキュリティ強化の重要性と必要性が迫られています。




詳しい資料を今すぐダウンロードする

働き方改革・DXでお悩みの方は、 お気軽にご相談ください。

働き方改革・DXを推進するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。